teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


一向宗禁制に関する文献

 投稿者:菖蒲和弘メール  投稿日:2008年11月 3日(月)11時40分39秒
編集済
   こんにちは。私は中世から近世、明治6年、9年まで信仰が禁制されていた「一向宗」について調査・研究しています。
 現在は、「かくれ念仏」と呼称されていますが、史実としては「一向宗禁制」が正しい呼称でしょう。一向宗禁制に関する一般書、入手しやすいものを紹介しますと、次のものがあります。

■桃園恵真著『新訂さつまのかくれ念仏』、210p、昭和61年8月、東京・国書刊行会刊
■佐伯恵達著『廃仏毀釈百年 虐げられつづけた仏たち』、353p、昭和63年2月、鉱脈社
■星野元貞著『薩摩のかくれ門徒 改訂版』、296p、平成6年10月、鹿児島・著作社刊
■菖蒲和弘編著『肥後国相良藩と-向宗禁制-附・一向宗禁制関係参考文献目録-』、B5判、56p、平成12年3月、熊本・山江村歴史民俗資料館刊
■かくれ念仏研究会編『薩摩のかくれ念仏 -その光りと影-』、200p、平成13年3月、京都・法蔵館刊
■渋谷 敦編『復刻増補 熊本県球磨郡人吉市真宗開教史』、479p、平成14年8月、熊本・前原前□刊
■ウィズ仏教文化研究会編『人吉・球磨の隠れ念仏』、109p、平成17年12月、京都・探究社刊

 また、基礎的な文献・雑誌記事を網羅した索引目録としては、次のものがあります。
こちらの目録は、月々、改訂されています。九州各県立図書館で閲覧できます。

■菖蒲和弘編『一向宗禁制関係文献目録-調査・研究の歩みとその成果-」改訂第113版、A4判、90p、平成20年10月、熊本・私家版
■菖蒲和弘編『一向宗禁制研究文献目録-国内発行雑誌記事索引-』改訂第20版、A4判、45p、平成20年10月、熊本・私家版
 
 

念仏物語「親鸞さま」DVD/VHS

 投稿者:情報部会  投稿日:2008年 3月23日(日)14時27分49秒
  3月20日本願寺出版社より「念仏物語 親鸞さま-ねがい、そしてひかり-」(DVD/VHS)が発売されました。
3,990円(本体価格3,800円)
※ご注文の際、発送梱包手数料はかかりません。
ご注文は、下記まで(^-^)
本願寺出版社
〒600-8501 京都市下京区堀川通花屋町下ル
フリーダイヤル:0120-464-583 FAX:075-341-7753
http://hongwanji-shuppan.com/
 

平成21年度カレンダー

 投稿者:カレンダー委員会  投稿日:2008年 3月23日(日)14時22分8秒
  「心のともしび」カレンダー
平成21年度版の制作を4月~6月に行います。
カレンダーの「法語」についてのご意見・ご感想等を書き込んでくだされば、参考にさせて頂きたく存じます。
 

もちろんです(^o^)v

 投稿者:情報部会  投稿日:2007年 5月16日(水)16時57分55秒
  基本的には「会員の広場」なのですが、実のところ会員の方からの書き込みはなかなかありません(>_<)
また「みんなの広場」ですから、こうしてここまでたどり着いて下さった方には、書き込みをして下さったような思いでご利用頂けると有り難く存じます o(^^o) (o^^o) (o^^)o ♪
ただ…、あーちゃん様のご期待に添えるかどうかはわかりませんが (‥ )a
これからもよろしくお願いします (^∧^)
 

一般人もいいのかな

 投稿者:あーちゃん  投稿日:2007年 5月15日(火)03時50分29秒
  親鸞聖人に惹かれる一般人です。検索するうちにここにたどり着きました。ひょっとするとここは会員もしくは信者の方々の広場ですか?もしそうでしたら教えてください。失礼しました。ただ、お寺関係の広場に惹かれたものですから。人生の疑問や悩みに僧侶の立場からもしくは悩める同士から色々なアドバイス、励まし、癒しやお答えをいただける心温まるお寺の空気を期待しての書き込みです。誰でも気楽に書き込める広場でしたら今後も訪問したいと思います。時には議論し、時には共鳴し、時には励ましあう。そんな真剣で楽しく時にはつらく、ときには考えさせられる広場だったらめったに世の中にない、いい広場だなーと思うのですが。さすが仏教関係の広場だなーという感じの。一人願望でした。  

信心の社会性

 投稿者:はっくしょん  投稿日:2006年10月10日(火)23時56分7秒
  信心の社会性・・・ってよく言われるけど、こんな説明でいいのかな。。

善導大師の『散善義』に、
  深心というはすなわちこれ深く信ずるの心なり。また二種あり。
  一つには、決定して深く、自身は現にこれ罪悪生死の凡夫、噴劫よりこのかた
常に没し常に流転して、出離の縁あることなしと信ず。 (=機の深信)
  二つには、決定して深く、かの阿弥陀仏の四十八願は衆生を摂受したもう。疑
いなく慮りなくかの願力に乗じて、定んで往生をうと信ず。(=法の深信)

 機の深信は、自分のありのままの姿・・罪悪深重の凡夫であることをつくづく
自覚することでしょう。
 そういう私をさえ救ってくださるわけですから、生きとし生けるものすべての
命を救ってくださるのであろうと気づかされるとともに、いのちの尊厳に思いを
至らさせられるわけでしょうね。
 そしてそこから、すべてのいのちが大切にされる世の中を作っていこうと考え
るのは、ごく自然なことではないでしょうか。

 だから、機の深信ということ、自分の悪人であることを自覚した信心であるな
ら、信心の社会性ということはごくごく当たり前のことのように思います。

 以上のように考えたんですけど、どうでしょうね。
 

「真宗聖典フォント」のお知らせ

 投稿者:河久保同行の部屋 河久保道場  投稿日:2004年 4月 9日(金)13時15分2秒
  福井別院のホームページより、真宗聖典を表示、印刷できる「フリーフォン
ト」がダウンロードできます。ぜひ、ご活用ください。

また、外字の追加依頼、字体の違いの指摘、不備指摘など、同ホームページ
の「真宗聖典フォントフォーラム」に書き込みしていただければ幸いです。

  ・福井別院のホームページ
       http://fukui.hongwan.net/html/

  ・ダウンロードサイト
       http://fukui.hongwan.net/html/modules/mydownloads/

  ・真宗聖典フォントフォーラム
    福井別院のダウンロードサイトに記載しております『真宗聖典フォ
    ント』の「ダウンロードの方法」や「インストールの方法」、「取
    り扱い方法」、「質問」などを掲載しております。
       http://fukui.hongwan.net/html/modules/newbb/


  
 

親鸞・思想史研究編 掲載のお知らせ

 投稿者:横田幸男メール  投稿日:2003年12月 3日(水)20時55分38秒
   この度、古田史学の会は、古田武彦著作集(全3巻)の発刊に伴い、案内をかねて、目次集の作成に伴い、要旨(部分)を掲載いたしました。必ずや、役に立つと考えて御案内いたします。

親鸞ー人と思想ー(著作集一巻)

1 序文・目次・あとがき、『歎異抄』と現代
2 旧版目次集(清水書院版)3 読者とのやくそく 生きた親鸞を追求 4 伝説から光が!5 人民の苦しみ 6 天皇が法に背いた 7 生きている 安楽・住連の書 8 思想は弾圧にうちかつ 9 金剛信心を守り、弾圧者のために祈れ   10永遠の対話『歎異抄』とあとがき 11さくいん(旧版) 親鸞年譜.JPG
親鸞伝をめぐって  神の運命 13宗教の壁と人間の未来(序説)歎異抄の本質(解説流罪記録)

親鸞思想ーその史料批判ー(著作集二巻)
1目次、2 旧版 序文  序(家永三郎氏) 目次・自序、3 旧版 あとがき赤松俊秀氏に答える、4建長二年文書 三夢記の真実、5 親鸞の中心思想 三願転入 の論理、6資料の研究 歎異抄 その思想史的意義 流罪目安、7資料の研究 原教行信証の成立、8史料批判の方法について、9親鸞研究の根本問題、10 あとがき

わたしひとりの親鸞(著作集三巻)
1 目次、2 旧版のまえがきと目次 3 人はいかに生きるか 4 死について衰退と新生  5 アリストテレスの転覆(てんぷく) 法然の意志  6 親鸞一人がため 7 なぜ、親鷲は比叡山から脱出したか

失礼ながら投稿させていただきました。主旨が違うと考えられたなら削除下さい。

http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/jfuruta.html

 

ことの始まり

 投稿者:夢遊人  投稿日:2003年 7月21日(月)00時54分5秒
  ことの始まりは,投稿者の「日の丸に関しては浄土真宗の教えに基づいて反対している立場の方々も大勢いらっしゃいますが、その方々のお考えはそういうことではないと思いますが、いかがでしょう?」ということに始まって,「文責者の「日の丸に関しては浄土真宗の教えに基づいて反対している立場の方々も大勢いらっしゃいますが…」ということですが、そのようなことは初めて知りました。いったい、浄土真宗の教えのどこに「日の丸反対」という箇所があるのでしょうか?」の問いかけに,投稿者が「仏教の教え「兵戈無用」にしたがって、日本が再び戦争の道へと向かわないように、「君が代」や「日の丸」が再び、国民統率のシンボルにならないようにと、反対している立場の方々のことを言ったつもりでした。それはもちろん親鸞聖人の御同朋の教えとも通じるものと思いますが。」
という回答になっているようです。
私も「真宗の教え」と限定して書いていることが,次には「仏教の教え」というように変わっている箇所には“おやっ”と思いましたが。
確かに真宗の僧侶の方が,日の丸に反対しておられる方もいらっしゃると思います。しかし,その方々が果たして真宗の教えに基づいているのでしょうか。真宗の僧侶が日の丸に反対しているからといって真宗の教えに基づいていると考えるのは,少しおかしいと思われます。結局,この答えは日の丸に反対されている僧侶の方々にお尋ねするよりないかと思います。やはり反対する人の心情から起こっていると考えるのが妥当ではないでしょうか。

また,日の丸を国旗とすることについて反対という理由には,文責者のいわれるような汚れた旗だから云々という考えで反対ということや,先の大戦でアジア諸国にかけた痛み苦しみを等の侵略行為を思い起こさせるからという感情論から反対ということ等の理由があるかもしれません。要は日の丸を廃止して別のものを国旗にしたところで,アジア諸国の人々の痛みや苦しみ等を無くせるとは思いません。これは日の丸が良いとか悪いとかいう問題ではなく,やはり一人一人の日本人が考え行動していかなければ,先の大戦の過ちは繰り返されると思います。

それから,最近,過去の投稿を自分勝手に解釈して投稿したり,また,「「みんなの広場」と言いながら、自分と異なる意見があるとなりふり構わず叩きのめすためのものですか。」という投稿がありますが,これは文字を使った嫌がらせにしか思えません。これまでの投稿を読む限りにおいては文責者が自分と異なる意見があるとなりふり構わず叩きのめしているとも思いませんが・・・。
何故,そのような投稿が出てくるのか疑問です。
 

叩きのめす?

 投稿者:文責者  投稿日:2003年 7月20日(日)10時42分19秒
  自分の意見を述べることを「なりふり構わずかまわず叩きのめす」という表現には驚きです。
本ページの「ケガレ思想」について述べている箇所で「日の丸に反対する人々の心情には、無意識の内にそれを“侵略戦争に使われた汚れた旗であるとする”というようなケガレ思想の影響があるからではなかろうか?」と記載した箇所について、大寸さんから「自分たちは仏教の教えに基づいて反対している」というご意見があったので、それぞれの立場から意見を述べ合っただけのことで、自分と異なる意見だからといってなりふり構わず叩きのめしたつもりはありません。
だからこそ、最後には「それぞれ信じる道で」と結んであるのですが…。
 

レンタル掲示板
/4