teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


2014年度自然災害研究協議会北海道地区部会地区フォーラム

 投稿者:自然災害科学資料室  投稿日:2015年 3月11日(水)09時40分43秒
  たくさんの皆様のご参加をお待ちしております。

室蘭工業大学 環境科学・防災研究センター10周年記念講演会との共催
◆日時:2015年3月14日(土)13時~14時30分
◆場所:蓬莱殿(室蘭市宮の森町1丁目)
◆講演:「災害の多発・激化時代におけるわが国の防災・減災対策」
    関西大学 社会安全研究センター センター長
    河田 惠昭(かわた よしあき)教授
 
 

北海道地区自然災害地区総会・特別講演会

 投稿者:自然災害科学資料室  投稿日:2013年 2月26日(火)09時42分47秒
  平成24年度の北海道地区自然災害科学地区総会・特別講演会を開催いたします。
たくさんの皆様のご参加をお待ちしております。
ご出席いただける方は自然災害科学資料室までご連絡ください。

◆日 時 平成25年3月29日(金)
     15:00~15:30 地区総会
     15:30~17:00 特別講演会

◆場 所 北海道大学大学院工学研究科 A101会議室
     (工学部正面玄関を入って左の廊下 突き当たり左側の部屋)

◆講演会 早坂 洋史 先生(北海道大学大学院工学研究院)
     『小さな炎から大きな炎による自然災害』
     予定時間15:30~16:15

     林川 俊郎 先生(北海道大学大学院工学研究院)
     『耐震設計の変遷と長大橋の現状』
     予定時間16:15~17:00
 

2012年度自然災害研究 防災フォーラム開催ご案内

 投稿者:自然災害科学資料室  投稿日:2012年12月 7日(金)11時25分33秒
  多数のご参加をお待ちしております。

◆表  題 平成24年岩見沢大雪
◆日  時 平成24年12月16日(日)14:00-16:00
◆場  所 市民交流施設であえーる岩見沢 3階 であえーるホール
◆参加費 無料(定員約200名)
◆主  催 自然災害研究協議会北海道地区部会、公益社団法人日本氷雪学会北海道支部
◆後  援 岩見沢市

◆プログラム
1.開会
2.開会挨拶 公益社団法人日本氷雪学会北海道支部副支部長 金田 安弘 氏
3.講演:「2011-2012冬期の岩見沢の大雪を振り返る」
 講師:北海道教育大学 准教授 尾関 俊浩 氏
4.パネルディスカッション:「大雪とどうつき合うか」
 コーディネーター:尾関 俊浩 氏(北海道教育大学)
 パネリスト:堤   拓哉 氏(北海道立総合研究機構北方建築総合研究所)
       井上   聡 氏(農研機構北海道農業研究センター)
       須田   力 氏(北方圏体育スポーツ研究会)
       小西 信義 氏(北海道大学大学院文学研究科)
 (詳細)○テーマ1:あらためて除雪の問題を考える
     ○報   告:「新しい気象庁の降雪情報」 札幌管区気象台予報官 横田 歩 氏
     ○テーマ2:これから大雪とどうつき合うか
 

北海道地区自然災害地区総会・特別講演会

 投稿者:自然災害科学資料室  投稿日:2011年 2月23日(水)12時10分29秒
  平成22年度の北海道地区自然災害科学地区総会・特別講演会を開催いたします。
たくさんの皆様のご参加をお待ちしております。
ご出席いただける方は自然災害科学資料室までご連絡ください。

◆日 時 平成23年3月22日(火)
     15:00~15:30 地区総会
     15:30~16:30 特別講演会

◆場 所 北海道大学大学院工学研究科 A101会議室
     (工学部正面玄関を入って左の廊下 突き当たり左側の部屋)

◆講演会 加賀屋 誠一先生(北海道大学大学院工学研究院)
     『災害科学と社会の関わりあいを見つめて』
 

北海道地区自然災害地区総会・特別講演会

 投稿者:自然災害科学資料室  投稿日:2010年 2月 1日(月)12時49分40秒
  平成21年度の北海道地区自然災害科学地区総会・特別講演会を開催いたします。
たくさんの皆様のご参加をお待ちしております。
ご出席いただける方は自然災害科学資料室までご連絡ください。

◆日 時 平成22年3月15日(月)
     15:00~15:30 地区総会
     15:30~16:30 特別講演会

◆場 所 北海道大学大学院工学研究科 A101会議室
     (工学部正面玄関を入って左の廊下 突き当たり左側の部屋)

◆講演会 笹谷 努先生(北海道大学大学院工学研究科)
     『私の強震動観測』
 

北海道地区自然災害科学地区総会・特別講演会

 投稿者:自然災害科学資料室  投稿日:2009年 2月13日(金)15時09分25秒
  平成20年度の北海道地区自然災害科学地区総会・特別講演会を開催いたします。
今年度は3名の先生に講演をしていただけることになりました。
たくさんの皆様のご参加をお待ちしております。
ご出席いただける方は自然災害科学資料室までご連絡ください。

◆日 時 平成20年3月11日(水)
15:00~15:30 地区総会
15:30~17:00 特別講演会

◆場 所 北海道大学大学院工学研究科 A151会議室

◆講演会
高波 鐵夫 先生 (北海道大学理学研究院)
『地震学における時系列解析の醍醐味』

黒木 幹男 先生 (北海道大学工学研究科)
『災害研究をふりかえって』

笠原 稔 先生 (北海道大学理学研究院)
『地震・火山と40年』
 

北海道地区自然災害科学地区総会・特別講演会

 投稿者:自然災害科学資料室メール  投稿日:2008年 1月30日(水)10時39分36秒
  平成19年度の北海道地区自然災害科学地区総会・特別講演会を開催いたします。
今年度は2名の先生に講演をしていただけることになりました。
たくさんの皆様のご参加をお待ちしております。
ご出席いただける方は自然災害科学資料室までご連絡ください。

◆日 時 平成20年3月3日(月)
15:00~15:30 地区総会
15:30~17:30 特別講演会

◆場 所 北海道大学大学院工学研究科 A101会議室

◆講演会
佐渡 公明 先生 (北見工業大学土木開発工学科)
『北海道内降水量時系列のトレンド、ジャンプ検出と計画降雨の更新』

藤間 聡 先生 (室蘭工業大学工学部建設システム工学科)
『洪水ハザードマップの作成と避難対策について』
 

2007年度自然災害研究 防災フォーラム開催ご案内

 投稿者:自然災害科学資料室メール  投稿日:2008年 1月18日(金)10時33分41秒
編集済
  多数のご参加をお待ちしております。


◆表 題 雪崩災害をなくすには-雪氷災害調査チームからの報告-

◆日 時 平成20年3月11日(火)13:30~17:00

◆場 所 北海道大学 百年記念会館大会議室

◆参加費 無料

◆資 料 各講演のレジメ集

◆プログラム (敬称略、仮題を含み変更する事もあります)

  主旨説明 雪氷災害調査チーム発足の経緯と目的  山田知充(雪氷学会)

  基調講演 雪氷災害調査チーム活動報告  司会:兒玉裕二(北大低温研)
   11-13上ホロカメットク山下降ルンゼ雪崩  八久保晶弘(北見工大)
   11-23上ホロカメットク山化物岩雪崩  樋口和生(雪崩事故防止研究会)
   二つの雪崩と2007-2008シーズンの十勝山系  尾関俊浩(道教大岩見沢)
   入山者の動向と雪崩―十勝山系の実態  大西人史(三段山クラブ)
   チームからの社会貢献―Webサイトの活用  澤柿教伸(北大地球環境)

  総合討論  司会:石井吉之(北大低温研)
   コメント1(気象) 中村一樹(雪氷学会)
   コメント2(運営) 秋田谷英次(雪氷学会)

(主 催) 自然災害研究協議会北海道地区部会
      日本雪氷学会北海道支部
 

「センター報告Vol.21」原稿募集

 投稿者:自然災害科学資料室  投稿日:2007年11月28日(水)09時37分25秒
  現在自然科学資料室では「センター報告Vol.21」の原稿を募集しております。
皆様のご寄稿をお待ちしております。

http://www.eng.hokudai.ac.jp/nds/

 

2006年度自然災害研究 防災フォーラム開催ご案内

 投稿者:自然災害科学資料室メール  投稿日:2007年 2月 1日(木)10時15分6秒
  昨年度のフォーラムでは2003年十勝沖地震を中心にプレート境界の巨大地震に関し、津波や長周期地震動に関しての議論を行いました。北海道ではプレート境界地震や内陸地震に加え、スラブ内地震をも考慮に入れて来たるべき地震災害に備えなければなりません。スラブ内地震の研究は1993年釧路沖地震により急激に進歩したと言っても過言ではありません。
今回のフォーラムでは、比較的短周期成分が多く励起される、スラブ内地震の議論を中心に据え、さらに、昨年度の長周期の議論に併せ、広帯域での地震動評価の問題点に関し広く議論いたします。
多数のご参加をお待ちしております。




◆表 題 1993年釧路沖地震をはじめとするスラブ内地震研究の現状
-広帯域強震動予測の課題-

◆日 時 平成19年2月16日(金)
13:00~15:40

◆場 所 北海道大学工学部B31教室 札幌市北区北13条西8丁目

◆プログラム (敬称略、仮題を含み変更する事もあります)
主旨説明                                   北大:鏡味洋史

これまでの北海道付近のスラブ内地震と予測にむけて 北大:笹谷 努

広帯域強振動予測を行う上での震源のモデル化と残された課題   京大:岩田知孝

地震動の広域評価のためのサイトイフェクトに関する問題点 日大:工藤一嘉

構造物サイドから見た広帯域地震動とは                千葉工大:長橋純男

司会  京大:釜江克宏





(主 催) 自然災害研究協議会北海道地区部会
北海道強震動研究会
 

レンタル掲示板
/2