teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:6/266 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

紐締め太鼓

 投稿者:カキッこどん♪  投稿日:2014年 4月 8日(火)00時37分20秒
  通報
  サークルで使っている太鼓は、ボルトで締めるタイプです。
水口囃子で使われているのは、紐締めのものです。
紐で絞めるタイプは調整が難しくて、高い音を作るのが大変だとデメリットばかりを考えていました。
しかし、紐締めの締め太鼓はメリットもたくさんあることに気がつきました。

まず持ち運びが軽いです。
軽やかなのです。
それに、音の調整も実は、割と簡単でした。

はじめにバランスよくしっかりと紐を調整して起きます。

後は、しっかり横紐を締めればよいのでした。
きちんと縦の基本の紐が調整できていれば、そこはそっとそのままにして、
使うときに、横の紐だけ、懇親の力で3~5回くらいしっかり締めれば、そうとう高い音になります。使い終わったら横紐だけ解けばいいのでした。

これでかなり音が作れます。

それはパワフルな甲高い音を作るのは、そう簡単ではないけれど、軽やかな音は作れます。

そんな訳で、私は、諏訪工房の紐締めの太鼓を、マイ太鼓を購入しました。

付属で立派な立ち台が着いていました。

一つには、
練習場が引っ越して、太鼓が倉庫にあり、自分で自由に取りに行けない(太鼓使用の自由度が極端に下がってしまった)こと。
水口囃子に取り組んでいた紐絞めたいこのメリットが際立ったこと。
職場のお花見会で、歌を歌えるチャンスがあること(踊りに花を添える)。

などが後押ししています。

横の紐をきりりと締めたら、いい音になりました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:6/266 《前のページ | 次のページ》
/266